スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬島 3



_DSC0714.jpg



精錬所施設を離れ、犬島お散歩。


写真多め。



_DSC0720.jpg


青空台所。とっても気持ちよくお料理できるね!



_DSC0721.jpg


廃を売りにしてる島はいくつかありますが
(軍艦、池、友、佐渡?、サル、他)



_DSC0734.jpg

ここ犬島は、こじんまりとしていて温かく、ゆったりと懐かしく、ノスタルジーな島である、と私は思うのでした。






_DSC0737.jpg

瓦屋根や、木造の古い家ばかりで、無骨な冷たいコンクリートがあまりないからでしょう。

とっても優しげに感じた。


_DSC0738_20130625181744.jpg


車も少ない。
というか道幅が恐ろしく狭い。
車ギリ1台分とか。


_DSC0739.jpg


犬島の少年自然の家に一泊しまして。
事前の予約が必須なのですが、2000円とかで泊まれるのでおススメです。


夜は星がきれい。すごい静か。







_DSC0742.jpg



犬島へは最終便で向かい、多分18時くらいについたと思うのだが、

船着き場から自然の家までオッチャン2人が送ってくれたのです。
軽トラで。

後ろの荷台にオッチャンと2人で乗って、めちゃ狭い道を5分ほど。


きれいな夕焼け、狭い道、荷台の上、心地よい振動、流れてゆく景色

至高の時間であった。






_DSC0743_20130625181857.jpg








_DSC0749.jpg

ベネッセのアートプロジェクトも進んでいました。

「家プロジェクト」ってやつ。

所々でアートな建物をおっ建ててた。



_DSC0751_20130625181859.jpg

若者たちもたくさんいて、みんなで頑張ってなんかやってましたよ。(適当)

すんごい楽しそうだったのが印象に残っておる。

挨拶とかされた気がする。







_DSC0753.jpg




人口が減り、ただただ朽ちてゆく島ってのもいいけど、こーゆー風になんか頑張ってんのもイイナー、と素直に思いました!頑張れ、って思いました!(超適当)


_DSC0757.jpg


まあ実際に行ったことある人はこんな文章でも分かるかもだけどさ、
行ったことない人はアレでしょ?


何言ってんのこいつ、よくわかんない。

てかんじでしょ?


_DSC0768_20130625182116.jpg


だから、行こう、犬島。(迫真)



_DSC0771.jpg





_DSC0759.jpg

真面目に書いてみました。




_DSC0782_20130625182120.jpg


以上。

おわり。

行こう、犬島。(迫真)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えぬびー

Author:えぬびー
埼玉県発廃墟スキー。

旅.廃墟.写真.バイク.鍾乳洞.絵.自販機.健康ランド.珍スポ.野湯.秘境駅等等に興味関心を寄せる一介の会社員。

廃墟探訪記録、します。
....................................

yellow_caution_sign_l.jpg

廃墟への侵入を推奨するブログではありません。
当ブログの情報を利用することによって生ずるいかなる損害に対しても、管理人は一切の責任を負いません。
....................................

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
ブログランキング参加中

counter
カテゴリ
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
twitter
pixiv
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。